メディア掲載一覧 > 2018.05.07.週刊SPAに掲載されました。

2018.05.07.週刊SPAに掲載されました。

December 10th, 2018

オンナの値段を徹底解剖|風俗【ヌキ相場】

ソープ、ヘルス、ピンサロに回春マッサージ、さらには手コキ専門店などさまざまな業態がある性産業。しかし適正価格で遊べているかはわかりづらいもの。そこで、少誌取材班が、業界の専門家たちにヌキの相場を徹底取材した!

 

二極化はより加速。さらに細分化の波がSEX産業に到来!

戦後2番目に長い好況を迎えている日本。だが、内情は“実感なき好景気”とも評され、貧富の格差拡大が囁かれる。そして二極化は性産業でも加速。風俗ライターのもちづき千代子氏が現状を語る。

 

「客が出せる金額には限界があるので、“上”は高級ソープの最高10万円で止まりました。一方の価格で勝負するしかない“下”は相場の下落が続いています。」

 

さらに性の多様性による、ニッチ風俗の台頭が最近の傾向だ。「アダルトグッズを使って責めてくれるヘルスや、VR、レズ、身体障害者向け風俗など、次々に新しい業態が生まれています。」

 

風俗情報誌「MANZOKUの丹田勇人編集長によれば、嬢の細分化も進んでいるという。

 

「SNSで嬢と客が直接つながることで客のファン化が起き、人気が特定のコに集中。店は嬢ごとのランクを設けて価格の細分化を高めています。また、自ら接客の講習を受講するなど嬢自身の意識も高まっており、値段は据え置きもサービスの質は向上しています。」

 

アダルトグッズで新たな性感開発!?

ヘルスは一風変わったコンセプトで新サービスを提供する店が続々出現。「Otocha(オトチャ)は、プレイ前に嬢が持参したアダルトグッズの中から気に入ったものを購入して、それを使ったマニアックなプレイが楽しめるデリヘルです(もちづき氏)」

Otocha「アダルトグッズを販売するセールスレディに枕営業される」というコンセプトのデリヘル。写真は水代真理ちゃん(24歳)。60分1万5000円~東京・五反田、品川発 ☎03-6421-7201